公津の杜メディカルクリニック

診療時間について

ご予約・お問合わせ

  • ドクターズファイル
  • facebook
  • よくあるご質問
  • 外国人の方へ
  • CYBORG

乳腺外科とは

乳腺外科では、乳房に関するさまざまな症状(しこり、痛み、分泌など)に対しての診断と治療を行います。
画一的でなく、患者さんに必要な検査(マンモグラフィ、超音波検査、細胞診、組織診等)をした上で、乳腺専門医が解りやすく説明をし、はじめての方には乳房の自己検診法の仕方の指導をいたします。

以下のような症状がある方はお気軽にご相談下さい。

  • 乳房に「しこり」を触れる
  • 腕を挙げたとき、乳房に「えくぼ」「ひきつれ」がある
  • 乳首からの分泌(レンガ色)がある
  • 乳首にびらんやただれを認める
  • 乳房全体が赤く腫れていたり、乳房に潰瘍が出来て治らない
  • わきの下のしこり(硬いリンパ節)などを触れる

乳腺外科診療内容

  • 乳房の病気全般にわたる相談
  • 乳がん検診
  • 乳房疾患の精査(マンモグラフィ・超音波検査・細胞診、組織診)
  • 手術(良性腫瘍、悪性腫瘍、陥没乳頭、乳頭皮下膿瘍等)
  • 乳がんの薬物療法(化学療法・ホルモン療法、分子標的治療)
  • 乳がん術後の定期検診、リハビリ指導
  • セカンドオピニオン
  • リンパ浮腫外来(7月より施行予定)

検査方法

視触診
医師が目で乳房を観察してくぼみがないか、手でふれてしこりがないかなど観察します。触診で発見できるものはある程度の大きさになったしこりです。しこりがすべて乳がんというわけではありませんが、必要があれば精密検査を行います。
マンモグラフィー
乳房X線撮影のことで医師の触診や自己触診では発見できないしこりや石灰化のある小さな乳がんの発見に適しています。乳房をできるだけ多くはさみ、薄く広げて撮影します。
超音波下マンモトーム生検
マンモトームとは画像ガイドで使用する乳房専用吸引式組織生検システムです。当院では超音波ガイド下に施行します。局所麻酔のもと、超音波検査で病変を確認しながら針を刺し入れ、針の側面にある吸引口から針内へ組織を吸引し、針内に入った組織をカットして採取します。針を回転させて多方向の組織を吸引できるので1回の穿刺で広い範囲の組織を採取することができます。
乳管造影
分泌を来たしている乳管開口部に麻酔のゼリーを塗り、開いている乳管口から拡張した乳管へ細い管を入れます。そこから造影剤をいれマンモグラフィーで撮影する検査です。乳管内に病変があれば、乳管のくびれや途絶した所見が得られます。
乳腺超音波
超音波診断装置を用いてゼリーを乳房に塗り、その上から乳腺専用のプローブを軽く押さえ滑らせながら、医師の触診や自己触診では発見できないしこり(腫瘤)を探します。当院ではフルデジタルの超音波装置を用いており形状や内部構造など、乳がんの診断に必要な詳細な観察を行うことができます。
CADシステム
マンモグラフィー画像をコンピュータによって定量的に分析し、その結果を「第二の意見」して利用する医師による診断のことです。人間の目では見落としてしまうような、小さな病変を発見し、その部位をマークで教えてくれるのでより精密な検査を行うことができます。

問診票

問診表を下記よりダウンロード、印刷し、あらかじめご記入の上受付にお持ちいただきますとスムーズに診療が受けられます。