公津の杜メディカルクリニック

診療時間について

ご予約・お問合わせ

  • ドクターズファイル
  • facebook
  • よくあるご質問
  • 外国人の方へ
  • CYBORG

甲状腺疾患とは

甲状腺疾患は日本人女性の約2割が罹患すると言われるほど、多くの方が悩まれる疾患です。
バセドウ病に代表される機能亢進症、橋本病に代表される機能低下症、甲状腺がんなどの腫瘍性疾患があります。

甲状腺の役割

甲状腺は、のどぼとけの下の葉っぱのような形をしている臓器です。
甲状腺は、新陳代謝を促す甲状腺ホルモンの合成・分泌が役割です。
このホルモンの分泌により、脳や筋肉などが活発に動かすことができます。

甲状腺疾患の症状について

甲状腺の病気で甲状腺が腫れないケースは1%未満と言われています。

甲状腺は、喉ぼとけの下の位置にあり、気管の前に張り付くように存在する臓器ですので、甲状腺が腫れると首の前部が目立つようになってきます。ご自身で気付く場合や、周りの方・検診などで指摘される場合があります。
イライラやうつ症状、痴呆などの精神的な症状がきっかけで診断される方もいらっしゃいます。

甲状腺の検査・診断

血液検査

甲状腺に関連するホルモン(TSH:甲状腺刺激ホルモンとFT3、FT4という甲状腺ホルモン)や末梢血検査(貧血など)、生化学検査(肝機能、コレステロール値、血糖値など)、免疫検査(炎症反応、甲状腺自己抗体など)を行います。

超音波画像診断

超音波検査で甲状腺の大きさを測ったり、甲状腺内部に異常が無いかなど検査することができます。

甲状腺機能亢進症について

甲状腺機能亢進症とは?

甲状腺機能亢進症とは、甲状腺ホルモンが増え過ぎる状態です。

体の中でホルモンが増え過ぎると、常に体が興奮している状態になり、その結果、暑がりになり汗をよくかく、手指が震える、動悸がする、食べているのにやせてくる、イライラするなどの症状が出るのです。

甲状腺機能亢進症の最も多い原因はバセドウ病です。体の中に自身の甲状腺に対する抗体(自己抗体)ができ、抗体による刺激でホルモンが多量に分泌されることが原因と考えられています。

よくみられる症状

甲状腺機能亢進症の症状として、以下のようなものが挙げられます。
しかし、下記のような典型的な症状で受診される方は少ないのです。

  • 暑がりになり汗をよくかく
  • 手指が震える
  • 動悸がする
  • 食べているのにやせてくる
  • イライラするなど

反対に機能低下症では、寒がりになる、便秘をするようになる、顔や手足がむくむようになる、体がだるくなるなどの症状がみられます。

治療法

治療には抗甲状腺薬による内科治療、甲状腺を手術で切る外科治療、放射性ヨードを服用して甲状腺を一部破壊する放射線治療があります。

甲状腺機能低下症について

甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンが減り体の元気がなくなる病気です。
最も多い原因は橋本病です。自己抗体により甲状腺が破壊されることにより発症します。

よくみられる症状

  • 寒がりになる
  • 便秘をするようになる
  • 顔や手足がむくむようになる
  • 体がだるくなる
  • うつ状態になるなど

診断

ホルモンの値が正常な時期には経過を診るだけですが、ホルモンの値が下がれば甲状腺ホルモンを補う治療を行います。また、橋本病は甲状腺悪性リンパ腫という腫瘍の母体となることが知られており、定期的な甲状腺エコー検査が必要です。