公津の杜メディカルクリニック

診療時間について

ご予約・お問合わせ

  • ドクターズファイル
  • facebook
  • よくあるご質問
  • 外国人の方へ
  • CYBORG

腹部超音波

超音波検査では、腫瘍などの有無だけでなく、その大きさや深達度(どのくらいの深さまで達しているか)も調べることができます。

また、映し出される画像は、臓器がリアルタイムで動いて見えます。さらに、この検査はX線検査のように放射線被爆の心配がなく、検査を受ける人の苦痛もなく安全です。

腹部超音波検査で何がわかるのか?

肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓の診断に重要で、なかでも胆石、早期肝臓がんの発見に有用です。

胆石は、腹痛など何らかの症状を認めずに、検診などで初めて指摘される場合も多く、また、胆石保有者の約10%は生涯、無症状で経過するといわれています。胆石などが合っても腹痛や黄疸などの症状が出なければ問題ないので、胆石や胆のうがんを合併する確立は10%以下です。

C型肝炎ウイルスが原因となっている慢性肝炎は、肝硬変や肝臓がんに移行する確率が高いので、定期的な検査で早期の変化をとらえるために、この検査が頻用されています。

腹部超音波検査はどのように行なうのか?

腹部を十分に広く出すため、ズボンやスカートは腰の骨位まで下げます。検査台に仰向けに寝て、両手を頭の方にあげて、手枕をした姿勢をとります。

腹部にゼリーを塗ります。プローブを腹部に押し当て、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓など腹部内臓器の断面層の画像をモニターテレビで観察します。検査部位により横向きや座った姿勢で検査を受けます。検査時間は部位によって異なりますが、通常10~20分くらいです。

※腹部超音波検査は食事制限が必要とされるので、検査をご希望の方はお問い合わせください。
検査前には水分制限もあります。砂糖やミルクが入る飲み物(コーヒー、紅茶)等は、飲まずに来院してください。また水、白湯などは飲んでも大丈夫ですが検査直前にはお控えください。

上部消化管内視鏡(胃カメラ)

胃カメラを実施することで、胃だけではなく食道や十二指腸の病気を見つけることができます。また異常があった場合は、病変部の組織を採取し診断をつけることができるので早期発見に役立ちます。

当院では、苦痛なく検査が実施できるよう無痛内視鏡や経鼻内視鏡を行っています。

無痛内視鏡(眠っている間に苦痛なく胃カメラを行います)

鎮静剤を用いた静脈麻酔を使用するため、眠っている間に検査が終了します。
検査後はしばらくの間お休みいただきます。

胃内視鏡

経鼻内視鏡(鼻から胃カメラを行います)

細径スコープ(非常に細いカメラ)を使って鼻から胃カメラを行います。
痛みや吐き気などの苦痛が少ないです。

※従来通りの口からの内視鏡も実施しています。

こんな方は、検査を受けることをおすすめします

  • 胸焼け
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 胃痛
  • 胃の不快感
  • 喉の違和感

などの症状のある方

検査をご希望の方は予約が必要となりますのでお問い合わせください。

人間ドックについて

準備中です。